スマートランディング - ドローンがDockに着陸できない場合、スマートランディングはドローンのビジョンナビゲーションシステムを使用して、Dock付近の明確な着陸地点を見つけます。

 

接続切断

遠隔操作/ライブミッション計画

  • ドローンはユーザーの帰還設定 (アップ&オーバーまたはバックトラック) に従って帰還します
  • ドローンは接続の再確立を試みます
  • Dock Lite: ドローンはクレードルに自動的に着陸します
  • Dock: 接続が回復すると台座が伸び、ドローンが着陸します
    接続が回復しない場合はスマートランディングを行います

ミッションの実行

  • 操縦者が10秒~600秒の範囲で設定した通信喪失タイムアウト (マップミッションのみ)
  • オンデマンドミッション:
    • ドローンはミッションで定義された帰還設定に従って帰還します
  • スケジュールされたミッション:
    • ドローンはミッションを完了し、ミッションで定義された帰還動作に従って帰還します
  • Dock Lite: ドローンはクレードルに自動的に着陸します
  • Dock:
    • 接続が回復すると台座が伸び、ドローンが着陸します
    • 接続が回復しない場合、ドローンはスマートランディングを行います

低バッテリー

バッテリー残量が少なくなると、ドローンはDockに戻ります。 バッテリー残量低下は、Dockからの距離に応じて動的に変化します。

 

遠隔操作/ライブミッション計画

  • Dockに帰還するように促す警告メッセージが表示されます
    • 操縦者はこれを却下できます
  • バッテリー残量が少なくなると、ドローンは自動的にDockに戻ります
    • 操縦者はキャンセルできます - 2回目の警告はありません
    • 操縦者が承認した場合、ドローンはユーザーの帰還設定 (アップ&オーバーまたはバックトラック) に従って帰還します
  • バッテリー残量が5%になると、ドローンは所定の位置に着陸します
    • スマートランディングではないため、ドローンは明確な場所に移動したり、障害物を回避したりしません
  • ドローンは自動Dock着陸を実行します

ミッションの実行

  • バッテリー残量が少なくなると、ドローンは自動的にDockに戻ります
    • ドローンはミッションで定義された帰還設定に従います
  • ドローンは自動Dock着陸を実行します

 

この記事は役に立ちましたか?