2023年5月2日

[note]このアップデートは、1週間かけて徐々にリリースされます。[/note] 

ライブストリーミング用の操縦者によるアダプティブビットレート制御

操縦者は、飛行前または飛行中に操縦者や視聴者のライブストリーミングビデオ品質を最適化できるようになりました。

giphy.gif

サポート対象のイーサネットアダプター経由でのMedia Syncの使用

イーサネット経由でMedia Syncを使用すると、WiFi経由の最大60Mbpsからイーサネット経由の最大500Mbpsへ、アップロード速度が大幅に改善されます。サポート対象のアダプターについてはSkydio CloudでMedia Syncを使用する方法を参照してください。

Ethernet_cable.png

ホットスポット経由のライブストリーミングのサポートの拡張

Skydioのホットスポット経由のライブストリーミングのサポートを拡張しました。詳しくは、Skydioでライブストリーミングを使用する方法をご覧ください。

hotspots.png

フリートページの3Dマップ

記録された飛行経路を3Dで表示します。[フリート] ページで表示するフライトを選択し、右クリックしてドラッグし、マップを3Dで表示します。

CS_release_spring_2023_fleet_3D_map.gif

[info]ロックボタンを選択して、カメラをドローンにロックします。ビデオ録画はドローンの視線の方向と一致します。[/info]

[accordion heading="2023年4月12日"]

Skydio Cloudでのフライトのレポーティングがより包括的に

以前は、フライトが誤って除外され、Skydio Cloudに表示されず、APIやフライト経由でもアクセスできませんでした。これらのフライトが Skydio CloudのFleet Managerで表示され 、メディアとレポートのメニューとAPI/フライトにアクセスできるようになりました。 この変更は過去と将来のフライトに適用されます。一部のお客様では、以前は表示されなかった過去のフライトが表示され、フライトの合計が増えます。フライト終了時刻情報が利用できない場合、「該当なし」が表示されます。

[/accordion]

[accordion heading="2023年4月1日"]

Skydioカスタマーサポートへの単一のフライトログのアップロード

Skydio Cloud Fleet Managerからオンデマンドでカスタマーサポートへ単一のフライトログをアップロード

    • Media Syncを使用して簡単にアップロード
    • コントロールデバイスを使用したSkydioサポートログのアップロードは引き続きサポートされます。

詳細な手順については、Skydio Cloudからカスタマーサポートにフライトログをアップロードする方法をご覧ください。

upload_flight_logs1.png

[/accordion]

[accordion heading="2023年3月21日"]

ANSIシリアル番号

フリートのANSIシリアル番号を含むCSVファイルを表示、コピー、ダウンロードできるようになりました。

ANSI2.png

[/accordion]

[accordion heading="2023年1月10日"]

Enterpriseアプリの機体名

Skydio Cloud組織内で名前が割り当てられた機体がEnterpriseアプリとコントローラーに表示されるようになりました。

    • 以前はSkydio Cloudでのみ利用可能でした
    • 名前はSkydio Cloudで割り当てる必要があります
Cloud_name_in_UI.jpg

高解像度の動画

Skydioライブストリーミングでアダプティブビットレートの高解像度動画がサポートされるようになりました。

    • 強力なネットワーク信号接続 (5Mbps超) を備えた最大720p解像度の動画
    • 以前の最大品質は最大360p相当でした
    • ライブストリームの動画が、コントロールデバイスのインターネットへの接続の品質 (ストリーミング用のLTEまたはwifi接続の強度など) に基づいてアダプティブに調整されるようになりました。
    • 信号接続が失われた場合にも信号接続の損失が少なくなり、再接続が速くなります

[/accordion]

[accordion heading="2022年11月"]

メディアの削除 - 2022年11月3日に提供開始

Skydio CloudおよびAPI経由でメディアを削除します。1つまたは複数のファイルを削除します。

    • 3Dスキャンメディアの削除はまだ実装されていません
delete_media.png

メディアの共有 - 2022年11月24日に提供開始

共有先のユーザーがSkydio Cloud組織内にいない場合でも、フライトからメディアを共有できるリンクを生成できます。有効期限となる日時を設定できます。

    • メディアはリンクを知っている人なら誰でも表示できます
    • 有効期限を設定できます
    • いつでもリンクを取り消せます
share_media__2_.png

バッテリーデータ - 2022年11月15日に提供開始

Skydio CloudとAPI経由でバッテリーデータを追跡します。「デバイス」メニューの「バッテリー」タブに次の情報が表示されます。

    • 特定のフライトおよびバッテリー寿命データ
    • 総フライト数、飛行時間、バッテリーサイクル数
    • 最小および最大電圧と温度
battery_data.png

[/accordion]

[accordion heading="2022年8月31日"]

新機能

Skydioライブストリームを表示

Skydio 2/2+またはX2EからSkydio Cloudにライブビデオフィードをストリーミングして、リアルタイム認識を実現します。

    • モバイルデバイスまたはデスクトップデバイスから表示
    • カラーおよび熱ストリームをサポート Skydio X2Eからのライブストリーム動画フィード
    • ライセンスは単一または複数のデバイスで利用可能
Live_stream_live.png
Cloud-Comp-WhiteBckgr.png

Skydioライブストリームリンクを共有

ライブストリームの動画フィードリンクを生成して、組織外のユーザーと共有できます。

    • モバイルまたはデスクトップデバイスから表示可能
    • 有効期限の日時を設定していつでもリンクを取り消し可能

追加情報については、関連記事を参照してください:

Skydio Cloudでライブストリームを使用する方法

share_live_stream.png

ライブフライト

組織内のドローンのライブロケーションを表示します。ドローンの位置が地図上に表示され、リアルタイムで認識されます。組織のドローンのステータスを確認して、誰がライブストリーミングしているかを確認できます。

    • オフライン
    • オンライン
    • 飛行中
    • ライブストリームを表示
    • ライブストリームを共有
Live_flight.png

Skydioドローンに名前を付ける

Skydioドローンのフリートの管理を支援するように設計されており、Skydio Cloudでデバイスに名前を割り当てることができます。名前はFleet Managerダッシュボードに表示されます。

name.jpg

単一のフライトCSVファイルのエクスポート

単一のフライトCSVファイルをエクスポートすることで、組織はレビュー、分析、レポート作成のための詳細なフライト情報を得ることができます。ファイルには次のものが含まれます。

    • 日付と時刻
    • 緯度と経度
    • GPS高度
    • 衛星接続数
    • 水平、垂直、速度の精度推定
    • X、Y、Z速度
    • 速度

追加情報については関連記事Skydio Cloudから単一のフライトCSVファイルをエクスポートする方法をご覧ください。

Axon統合

    • Axon Evidenceメディア統合を使用すると、手動でアップロードすることなくSkydioドローンからキャプチャされたメディアを同期し、画像と動画をシームレスに転送・管理できます。
    • Axon Respondライブストリーム統合により、Skydioドローンでキャプチャされたリアルタイム動画を表示できます。Axon Respondは、位置データとSkydioドローンからの動画フィードを統合して、ウェブまたはモバイルブラウザで変化する状況の全体像を提供します。
    • DroneSenseを搭載したAxon Airは、パイロット、プログラム管理、運用ソリューションをAxonデジタルエビデンス管理プラットフォームと統合し、戦略的なSkydioフリート管理を実現します。

追加情報については、関連記事を参照してください:

Axon Evidence

Axon Respondライブストリーム

Axon Air DroneSenseフリート管理

強化機能

大きなファイルのダウンロード

200メガバイトを超えるメディアファイルを圧縮パッケージでダウンロードできるようになり、時間とデータを削減できます。「ダウンロードの表示」ボタンは、ダウンロードパッケージのステータスと進行状況に関する分析情報を提供します。

詳細については、関連記事Skydio Cloudでのメディアの管理をご覧ください。

Media Syncエラーインジケーター

Media Syncを開始すると、黄色のライトが点滅し、Skydio Cloudに保存されているネットワークへの接続に失敗したことを示します。コントロールデバイスにエラーメッセージが表示され、接続の失敗のトラブルシューティングに役立ちます。

    • ネットワークが見つかりません :ネットワークへの接続中に問題が発生しました
    • 認証の失敗 : ネットワークへのサインイン中に問題が発生しました
    • 接続のタイムアウト : ドローンがSkydio Cloudに接続できませんでした

詳細については、関連記事Skydio Cloud Media Syncのトラブルシューティングをご覧ください。

[/accordion]

[accordion heading="2022年6月14日"]

Media Syncの改善

Skydio Cloudの改善点には、Media Syncのアップロード高速化が含まれます。

[/accordion]

[accordion heading="2022年3月29日"]

2つの新しいメニュー「クラウド設定」と「ファイルのアップロード」で、Skydio Cloudのデータファイル転送プロセスとドローン構成の同期の可視性が向上しました。これらのメニューはドローンの「情報」メニューに表示されます。

クラウド設定

「クラウド設定」メニューでは、機能のダウンロードや同期が最後に発生した時刻を表示できます。
    1. Cloudから機能をダウンロード」を選択して、Skydio Cloudからコントロールデバイスに同期します。
    2. 設定をドローンに同期」を選択して、Skydio Cloudの設定をコントロールデバイスからドローンに同期します。
CS_CLD_config_menu_UI.jpg

ファイルのアップロード

飛行後のタスク管理により、Skydio Cloudにアップロードされるデータファイルの可視性が強化されます。Skydio CloudアカウントでGPSとテレメトリのデータキャプチャを有効にしている場合、フライト後のデータファイル転送ステータスとアップロード履歴が着陸後に利用可能になります。

ファイルの表示」を選択するか、「ファイルのアップロード」メニューに移動して、ファイルキューとアップロード履歴を表示します。

Untitled.png
    • ファイルキューには、フライトメタデータとテレメトリログのアップロード状態が表示されます
    • アップロード履歴には、正常にアップロードされたデータファイルが一覧表示されます
CS_CLD_upload_files_UI.jpg

[/accordion]

[accordion heading="2022年2月28日"]

Skydioライセンス管理

Skydio 2/2+およびX2ドローンでSkydioライセンス管理を利用できるようになりました。高度なソフトウェアライセンスであるSkydio Autonomy Enterpriseと3D Scanを各ドローンに割り当てることができるようになり、Skydioフリートの正確な制御が可能になります。ステップ別の詳細な手順については、Skydioの高度なソフトウェアライセンスを割り当てる方法をご覧ください。

[info text="この更新は当初一部のお客様に提供され、将来的に一般公開される予定です。更新を提供する組織にはSkydioからご連絡します。"]

[/accordion]

[accordion heading="2021年9月28日"]

Skydio CloudからSkydio X2へのアクセス

Skydio CloudがSkydio X2ドローンで利用できるようになりました。Skydio Cloudは、Fleet Manager経由で接続されたドローン操作のフェデレーション管理に加え、Media Sync経由でフライトメディアのシームレスなアップロードと管理を提供します。Skydio Cloudは、Skydio 2/2+およびSkydio 2/2+ Enterpriseもサポートしています。

Skydio Cloudは、Skydio Enterpriseアーキテクチャの新しい戦略的コンポーネントです。Skydio Cloudを使用すると、Skydioフリートを管理し、自律飛行操作のための安全でシームレスなネットワーク接続プラットフォームを利用できます。Media Sync*は、3Dスキャン*、画像、動画の自動アップロードと管理を提供します。ユーザーは、ウェブブラウザやAPI統合経由でアクセスできるよう設計されており、組織の飛行中のデジタルアセットを保存、表示、整理、管理できます。Skydio Cloud AWS - 米国リージョンのクラウドインフラストラクチャは、最高レベルのセキュリティ、コンプライアンス、データ保護を満たしています。

*追加ライセンスが必要です

Skydio Cloudのご購入についてはSkydioの営業担当者にお問い合わせください

Skydio Fleet Manager

Skydio Cloud内の基盤サービスとして、Fleet Managerは分散型ドローン運用のフェデレーション管理を提供します。Skydio Cloudにアップロードされたテレメトリデータにアクセスして、フライトログと使用状況の指標に関する堅牢なレポートを確認できます。

    • Skydio EnterpriseアプリまたはEnterprise Controllerから直接フライトテレメトリを自動アップロード
    • 組織全体のフライトのフィルタリングと検索
    • 任意のフライトのフライトパスを表示・再生
    • フリート全体の使用状況指標をレポート
    • 個々のパイロットと機体の詳細な指標
    • 日付、パイロット、機体でフライトをフィルタリングし、詳細を素早く表示・ダウンロード
    • フライトデータにアクセスするためのRESTベースのAPIエンドポイント

Skydio Media Sync

Skydio Media Sync (追加ライセンスが必要) は、3Dスキャン*、画像や動画のシームレスなアップロードと管理を提供します。Skydio Cloudにアップロードされたメディアアセットは、組織全体で保存、検索、共有できます。

    • Skydio機体からメディアと3Dモデルを直接自動アップロード
    • 任意のフライトのフライトパスとオーバーレイされた動画を表示・再生
    • 日付、パイロット、機体でメディアを検索
    • 組織全体でメディアへのリンクを共有
    • エッジモデルビューアにアクセスして3Dスキャンを確認する
    • 画像や動画にアクセスするための統合されたRESTベースのAPIエンドポイント

*Skydio Cloudで3Dスキャンデータを同期および表示するには、Skydio 3D Scanライセンスが必要です。

Skydio API

API統合によるSkydio Cloudへの開発者アクセス (Skydio APIドキュメントをご覧ください)

    • 新しいAPIトークンの生成

    • API ドキュメントにアクセス

pasted_image_0.png

[/accordion]

もっと見る

さらに詳しい情報は、関連記事をご覧ください

Skydio Cloudを始める

 

Skydio, Inc. A0059

この記事は役に立ちましたか?