設置環境

Skydio Dock for X2は、以下に該当する開けたエリアの水平で安定した表面に恒久的に配置する必要があります。

  • 左右に3フィート (1メートル) 以上のスペースあり
  • 正面に9フィート (3メートル) 以上のクリアランスと障害物のない上空

Dock_X2_Outdoor.png

[warning]ドックの周りのゾーンで上下に10フィート (3.3メートル)、両側に3フィート (1メートル) の印をつけ、発進と着陸が人や車両に妨げられないようにします。[/warning]

Skydio Dockの設置に最適な場所と環境を配慮すると、最適なパフォーマンスが保証できます。

照明

飛行環境が適切に照らされ、視界が良く、着陸エリア全体に暗い影がないことを確認します。ベイドアが北を向くようにドックの向きを変えると、ハードシャドウに役立つ場合があります。

電磁干渉 (EMI)

信号接続に影響を与える可能性があります。環境に以下がないかを確認します。

    • 携帯電話基地局塔
    • 高圧電線
    • ワイヤレスネットワーク
    • 大型の金属構造物
    • 鉄筋コンクリート

反射面

ビジュアルナビゲーションと障害物回避システムを混乱させる可能性があります。環境に以下がないかを確認します。

    • 静水
    • 光沢のある金属

5フィート (1.5m) 四方を超える窓はビジュアルナビゲーションと障害物回避システムを混乱させる可能性があります。

薄い障害物

直径が0.5インチ (1.27cm) 未満の場合、ビジュアルナビゲーションと障害物回避システムを混乱させる可能性があります。環境に以下がないかを確認します。

    • ガイドワイヤー
    • 配線や配管
    • ロープ
    • 金網フェンス

風の強い場所への設置は避けてください

 

ドックの設置

[note]Skydio Dockは、同じ位置と方向から反復可能なミッションを確保し、現場との間の車両輸送による摩耗を減らすために、恒久的に設置する必要があります。[/note] 

[accordion heading = "オプション1 - ドックベースへの取り付け"]

image__1_.png Dock1.png

ドックを以下の方法でベースに取り付けます。

ステップ1 - レベリングフット4本のそれぞれから六角ナットを1つずつ取り外します

ステップ2 - ベースの下部にある穴にレベリングフットのボルトを挿入します

ステップ3 - 底部のベースプレートを挟むボルトに六角ナットをねじ込みます

ステップ4 - 取り付け用ボルトをベースから4つの取り付けポイントの穴に挿入します

ステップ5 - 斜め向かいのボルト2本にアライメントスペーサーを追加します

ステップ6 - ドックの筐体をベースにセットします

  • 1/2インチレンチを使用してボルトを筐体にねじ込みます
  • ネジの先端がベースの上から3/8インチ以上出ないようにしてください

ステップ7 - ドックを水平で安定した表面に置きます

  • 2人で持ち上げることをお勧めします

ステップ8 - レンチを使用して、ドックが水平になるまで上下の六角ナットを調整します

[/accordion]

[accordion heading = "オプション2 - プラットフォームへの取り付け"]

platform.png Dock2.png

ドックの筐体を以下の方法でプラットフォームに取り付けます。

ステップ1 - 取り付け用ボルトをベースから4つの取り付けポイントの穴に挿入します

ステップ2 - 斜め向かいのボルト2本にアライメントスペーサーを追加します

ステップ3 - ドックの筐体をベースにセットします

  • 1/2インチレンチを使用してボルトを筐体にねじ込みます
  • ネジの先端がベースの上から3/8インチ以上出ないようにしてください

[/accordion]

 

設置の完了

ステップ1 - アクセスパネルを開きます

    • Skydio Dockに付属の鍵を使用して、背面アクセスパネルのロックを解除して開きます
    • アクセスパネルのロックを解除するための鍵が含まれていますのでなくさないでください

ステップ2 - 電源ケーブルを接続します

[note] Skydio Dockには、110Vと220Vの2本のIEC電源ケーブルが付属しています。220Vケーブルは、23°F (-5°C) 未満の温度でドックを展開する場合に必要です [/note]

    • 電源ケーブルをアクセスパネルのケーブル管理スロットに通します
    • 電源ケーブルをドックに接続します
    • 電源アダプターを100〜240Vの電源に接続します
    • 電源スイッチをオンに切り替えます

20221205_153644.jpg

電力要件 :

    • 1000ワットのピークDC出力
    • 240VAC、50-60Hzユニバーサル入力、20アンペア3線式コード
    • 110V〜220VのAC電源が必要
    • 常に接地レセプタクルを使用してください。

ステップ3 - イーサネットケーブルを接続します

    • イーサネットケーブルをアクセスパネルのケーブル管理スロットに通します
    • イーサネットケーブルを「Ethernet 1」というラベルの付いたスロットに挿入します

houston_cover_ON.png

ステップ4 - アンテナの展開 筐体に対して垂直になるようにアンテナを持ち上げます

ステップ5 - 2つのアンテナロックをアンテナにスライドさせます

ステップ6 - T6ドライバーを使用して締めます

    • 強風の下でも垂直にとどまるようにアンテナをロックします
    • 水の浸入を防ぎます

image__1_.png

image__3_.png

 

image__2_.png

ステップ7 - ライセンスプレートを取り付けます

ステップ8 -「ドアを移動」ボタンを押してベイドアを開き、「スライドを移動」ボタンを押してアームを伸ばします

    • 背面のアクセスパネルにあります
buttons.jpg

ステップ9 - Dock for X2互換バッテリーを取り付け、ドローンの電源をオンにします

ステップ10-ドローンを台座にセットします

    • ドローンのライトが緑色に点灯します

ステップ11 -「スライドを移動」ボタンを押してアームを引っ込め、「ドアを移動」ボタンを押してベイドアを閉じます

    • アクセスパネルを閉じてロックします

[warning text="ベイドアの開閉時に手指をベイドアに近づけないでください。アームを伸縮させる前に、必ずベイドアを開いてください。"]

ステップ12 (オプション) - ドックの筐体下部にあるロックブラケットを使用して、ドックを盗難から保護します。

    • 3/4インチまでのチェーンで使用

security_bracket.png

もっと見る

さらに詳しい情報は、関連記事をご覧ください

Skydio X2マニュアルにアクセス

安全のガイドライン

遠隔操作の方法

Skydio, Inc. A0347

この記事は役に立ちましたか?